• 紹介
  • 紹介
  • Archives
  • Categories
  • 家売買で参考になる集合住宅維持管理機構って?

    2012 - 04.14

    家売買って人生で大きなチャンスだと思います。
    その売買での利益次第で、今後の人生や選択肢が変化します。
    それ以前に売る場合は、無事に売り手が見つからないといけないのですけど。

    ちなみに集合住宅維持管理機構ってマンションの管理を考えるようになって初めて聞きました。マンションの管理は不動産屋さんがおおこなっていると思っていました。
    マンション管理にはマンション管理組合があり、それを支援するのが役割のようです。
    維持管理・回収の技術支援、維持管理技術の研究・啓蒙事業、維持管理に関する情報発信・出版事業を行っているとのことです。

    家売買でマンション管理まで今考えているのですが、やる事が変化すると知識もそれ相応が必要になるものですね。リスク管理もありますし、上手く言っているマンションばかりではないと思います。

    家売買、人生をかけるイベントになりそうです。
    実際この機構の具体的内容に触れるのは、やる事が決まってからになりそうですけど。
    家売買して利益でマンション経営をするつもりですが、沢山情報を仕入れないといけませんね。どこかの会社に勤務するのと違い、自分の資産で生活をするわけですから。
    もう少し勉強してからでもいいかもしれないですね。

    家売買のコツを学ぼう

    2012 - 02.05

    近所で道路拡張にひっかかって、利益を上げた家がありまた。
    こういう家売買は特殊ですけど、家売買は業者の選択も重要になります。
    調べてみたのですが、どうも家売買については、相場と言うものがあるようです。
    その為、どの業者に販売したとしても、そう大きな差は出来ないようです。ただ、家込ですと話は違います。このあたりは査定次第で上下するからです。

    では家売買は、提示された額が最も大きい業者に依頼した方がいいのでしょうか?
    実際はそうではない場合が多いです。
    家を売る際は、買い手を見つけることが最も大事なポイントになります。
    実際最大の価格を提示したとしても、その価格で販売可能かっていうことですよね。
    最悪、この価格で販売されている家があるのに、ウチは安いとかの比較物件になってしまう可能性もあります。

    確かに、高額な家であるほど、買い手は付きにくいですよね。
    それに業者に入る利益が他社とそう大幅に違う場合ってないものです。
    その為、総合的に見て相場にあった会社を選ぶべきですね。
    4社位で比較がいいみたいです。
    私の場合もその位の会社で比較してもらって、数十万の差でしたが高い会社にしてみました。もとが大きな買い物だけにこの位は誤差でしょうけど、こちらにとっては大事ですよね。